© Copyright The Jewellery. All Rights Reserved.

大きさだけじゃない!宝石の価値

透明度が高い宝石の方が価値が高い

宝石というのはまずは大きさに注目するケースが多いと思いますが、それ以外にも価値を高める要素があります。したがって、大きさが優れていなくても、価値を認められて高くなる宝石はあるということになります。その要素とは透明度です。 基本的に宝石は透明に近いものの方が価値が高いとされており、透き通って見えるような綺麗な宝石の方が良いということになっています。宝石は色がついているものが多いですけど、基本的には多少なりとも透明度があるはずです。でも、その程度がそれぞれで違うはずなので、それによって宝石としての価値が変わり、値段などにも差が出てくるということになっています。やはり透明度が高い宝石の方が希少価値も高く、見た目が美しいと言えるのです。

宝石のカットのされ方も価値に影響する

宝石というのは販売されているときも、私たちが手に取るときにも、すでに美しく見えるようにカットをされた後になります。このカットのされ方には種類があって、どの種類のカットのされ方になるか?はそれぞれの宝石の種類によっても違うのですが、特定の種類の宝石が1番美しく見えるカットのされ方はだいたい決まっており、さらにそのうえで各宝石がどれだけ美しくカットされたか?というのも価値に影響するのです。 ということは、カットのされ方の種類が同じでも、カットのされ方が美しいものとそうじゃないものがどうしても存在してしまい、それが見た目などに影響し、価値を高めたり、下げたりすることもあるのです。見た目的に美しくカットされていると評価される宝石ほど高い価値を持つということなのです。